読者の皆様にクィアシェフの出会いを
*